投稿日時2013年6月2日(日)

日本臨床工学会@山形 託児所利用



三菱京都病院の今井です。

5/18・19の日本臨床工学会@山形へ発表しに行って、無事に帰ってきましたーーーー。
今回は学会の様子ではなく、託児施設を利用したのでその感想を。

昨年度の日臨工にて託児があったので、それ程心配をしていなかったのですが・・・中々HPに託児の案内がUpされずやきもきやきもき(-“-)。
やっとUpされたと思ったら、『定員は10名で締め切る』とあり大慌て(+o+)。定員の1/5をうちの子供たちに充ててもらえるだろうか?『先着順』とあるけれど、過去日臨工主催のセミナーで定員150名の先着順に何回漏れたことか・・・。倍率高!!っと思いながらのとにかく申し込みを4/4 に行い、申込完了メールから詳細メールを待つこと数日・・・?4/17にやっとメールが届き、ほっと一息。
メールには利用規約と申込用紙が添付されており、利用規約には必要な持ち物の案内や託児料金について記載され、申込用紙は当日記入して持っていけばよいということだったので、学会間近までぼちぼち用意することにしました。


さて、いよいよ当日になり、いざ学会会場へ!
慣れない場所というだけで勝手が違い時間があっという間に流れて・・・会場入りが9:00を過ぎ・・・。キッズルームの場所の案内がわからず、スタッフに聞き部屋に到着・預けることが出来ました。

教わった場所への途中に『関係者以外立ち入り禁止』の看板とロープがあり、ある意味安心。

部屋の大きさに『定員10名』の記載に納得。

託児のスタッフに「今日はよく晴れているので、外にも遊びに出かけますね。」と言われ、自分とこの保育園に保育してもらう位の感覚でキッズルームを後にすることが出来ました。
うちの子供たちは今、外遊びはだんご虫に夢中です。山形でもそれを発揮したらしいです2日目の託児時間に私の近くを通ったのですが、全く気付かず。楽しみー!を全身で表わしながら外に行く姿を見かけました。思わずパシャ☆

5人の子供たちと2人のスタッフ。初対面が5人もいる中で子供達は逞しいなと感じた2日間でした。

全カテゴリー