投稿日時2014年1月7日(火)

今年も冬がやってきました。



近畿北部に位置する我が家は、雪が年に数回降り積もり、冬ならではの遊びが楽しめます。子供たちも、冬になると雪が積もるのを心待ちにしています。
私たち親の方は、「雪かき」や、「明日雪が降って道が凍っていたら早出だから大変」などと考えてしまいまちですが、子供たちは窓から「雪、降らんかな~?」と空を眺めています。
 雪が降ると、防寒服を着込み雪遊び、ソリをしたり、かまくらを作ったり。

今年娘の年長クラスは、日帰りスキーがあるので、練習のため、スキー場に行ってきました。
といっても、なにから教えていいのかわからないもので、スクールに入れ、教えていただきました。
ボーゲンホルダーという器具をスキー板の先に付けてもらい、スピードが出ないようにしたら、あとは前を向いて手を横へ。まっすぐ坂を下るだけ。それでも娘はとても嬉しそうでした。

スクールが終わると、さて、どうしたものか…。と一瞬考えましたが、ま、いけるだろう~とリフトに乗って上まで連れて行き一緒に降りて行きました。スピードがでてもあまり怖がらず、崖の前に行っても、怖がりませんでした。こどもって、本当にすごいなーと思った一日でした。

全カテゴリー