投稿日時2018年11月8日(木)

なでしこブログ11月「女子大生」



皆様こんにちは。秋の気配から一気に冬の足音がきこえ、業務的にも忙しい日々をお過ごしのことと思います。今回は、そんな中バタバタとちょっと頑張っている自分を記事にしてみました。西陣病院の徳永幸子と申します、少しの間お付き合いください。

題名を見て、ピンとくる方もおられるでしょうか?そうです、私は今現在、大学に通っておりまして、「放送大学」という通信制大学の今年度3年生へ編入しています。私は岡山県倉敷市にある川崎医療短期大学を2000年に卒業しました。出身の学科は、数年前に併設の川崎医療福祉大学へ移設されています。卒業してからずっと京都で働いているのですが、最近まで大卒や学位などにあまり興味を持っていませんでした。そんな私が大学編入を決めたきっかけは周りの環境です。ここ数年、修士や博士を取得されている方にお会いする機会が増えて、皆さんが専門的な知識をお持ちでキラキラ(幼稚な表現ですいません)して見えました。人に影響されやすい私は、自分にもそんな道があるのかなぁ、自分もキラキラできるのかなぁと考え始めたんです。単純ですね・・・・・。最近は大学卒の臨床工学技士が当たり前になってきましたけど、私が大学院に行くためには、まず学位取得をしなければなりませんでした。そこで色々調べた結果、働きながらでもゆっくり自分のペースで単位をとれる、費用も安い、京都にサテライトがある「放送大学」に入学することを決めました。学科は「心理学科」です。仕事柄、患者さんやご家族、医療スタッフなど必ず人と接しますし、接する場面は緊迫した状況が多く、そんな状況の心理にとても興味を持っていました。それに心理学は医療安全にも密接に関係していますし、職場に何か還元できるかも?と思ったのが専攻理由です。

入学を決めたのが去年の今時分ですね。入学に必要な書類は履歴書と身分証明書、編入の学生は母校の成績証明書が必要です。私は編入ですので、短大で履修した単位の中から62単位が採用されます。卒業までには124単位必要ですので、残り62単位を学期ごとに選択して取得していきます。私の計画では、1学期で10単位(おそよ5教科)取得していって3年かけて卒業する予定です。教科申請後、1教科につき1万円程度の授業料を支払うと教科書が自宅に送られてきます。通信制の大学なので授業はTVやラジオ、インターネットでの視聴です。1教科につき45分の講義を15コマ視聴するのですが、PC環境がある人はHPからログインすれば24時間いつでも視聴できます。授業には録画映像を視聴する他に教科によっては色々な形態があって、インターネットですべて済ませてしまう「オンライン授業」や、JR京都駅近くの「キャンパスプラザ京都」にある放送大学サテライトへ実際に講義を受けに行く「面接授業」もあります。単位取得試験はそのサテライトで受験しますし、そのサテライトでは授業のDVD視聴やレンタルもできるようになっています。毎年、7月と1月が単位取得試験でして、1月ってどこの病院も忙しいですよね?つい最近まで試験だったのでボロ雑巾のように疲れ果てました。今は結果を待つのみです。

入学して1年が終わり、なんとか続けられそうな自身がついたので、こんな公衆の面前にお披露目しました。そうしたら絶対途中で辞めないかなとも思いまして・・・・・。なんとか無事に卒業できるように頑張ります!

全カテゴリー